かかりつけ薬剤師とは?

“かかりつけ薬剤師”とは、体調や食事の管理など健康全般の相談ができる薬剤師を持つことを意味します。特にご高齢の方などは、複数の行く病院から多種の薬を処方されているケースがあり、お薬の飲み合わせが悪いものを知らずに服用してしまう危険性があります。又、お薬をもらったものの効果がよく分からず、副作用を心配し、自己判断で服用を止めてしまい、病気が完治せずに時間が経過し、症状が悪化する可能性もあります。

このような現状の中、薬の専門家である薬剤師が今飲まれている全てのお薬やサプリメント、副作用歴、アレルギー歴などの情報を管理・把握させてもらうことで新たな薬やサプリメント等との、飲み合わせを始め、健康全般の相談にのったり、アドバイスを行うこともできるようになり、患者さんにとっても、最適な薬の治療を目指していくものになります。

また、かかりつけ薬剤師は、その患者さんのお薬を処方された医師とも連携し、服薬状況や体調の変化を把握し、必要に応じて医師に報告・相談します。必要に応じて患者さんの家を訪問し、お薬の整理を実施することもできます。

かかりつけ薬剤師は患者さん本人が希望し、信頼できる薬剤師を選ぶことができます。書面で同意を交わすことで利用できるサービスです。かかりつけ薬剤師には、一定以上の経験や知識(研修など)が必要となり、更に国に事前に届出している者しかなれません。よって患者様には安心してご利用していただけると思います。

なお、かかりつけ薬剤師は他の薬局を含め複数を一度に持つことはできません!!

かかりつけ薬剤師にかかる費用は?

(処方箋の受付1回につき)
・ 1割負担の方は、およそ20円~30円の差
・ 2割負担の方は、およそ40円~60円の差
・ 3割負担の方は、およそ60円~100円の差
個人によって異なります。

費用はかかりますが、薬のこと、体調のことをよく理解してくれ、継続的に相談に乗ってくれる薬剤師の方がいると安心できるかと思います。かかりつけ薬剤師を活用していきましょう